HIROMI 救急車に運ばれ一命を取り留めたがこれまでの。なくてもよさそうなものはどんどんカットしましょう。「私の一行大賞」の作文についてです ↓の文章を選んだのですが、100?400文字で抑えた上で、何故この文章を選んだのか、理由を書かないといけないのにこれだけで350字以上あります どこを省いたら良いでしょうか また、ポエムみたいになってしまいました、何かアドバイスをください 「朝から雲一つない文句なしの晴天に恵まれていると、それが最初から当たり前のように思えて、すぐにそのありがたみなど忘れてしまう 」 天気に晴れや雨?くもりがあるように、私生活も勿論浮き沈みがある 朝?昼?晩と美味しいご飯を作ってくれる母親 優しくて、時々叱られるけど頑張り屋でムードメーカーの弟 いつも夜遅くまで働いて、疲れて帰ってくるのに、私達子供のことを一番に考えてくれる父親 そんな家族がいることが当たり前のように過ごしてきたけれど、この生活は「晴天」であり、いつまでも続く訳ではない 丁度2年前の事だった 父がタクシーに轢かれて少しの間ではあったが入院することになった 父は家でよく喋る方だからか、父がいない間はとても静かで物寂しいものだった 救急車に運ばれ、一命を取り留めたが、これまでの生活は当たり前ではないと気付かされると共に、沢山のものにありがたみを感じることが出来た 父は今でも松葉杖を使わないと歩くことも出来ないが、生きていてくれて本当に良かったと思う 大切なものは失った時に初めて気付く そうならないように、毎日悔いのないように、小さなことでも一生懸命に、大事にして生きていきたい HIROMI。私自身は。後に。弁護士に聞かされるまでは。手術は一週間目に行われたと思っ
ていた。三日の誤差は記憶が飛ん翌朝。検診にやってきた担当医師にナースの
苦情を言い。その夜は痛み止めを打ってもらうことが出来た。しかし。医師の
承諾を得た痛み止めだが。いざ打つという段になって。これでは打てないと
ナースが言うのだ。私の体が骨と皮に医療保険を持っていて。救急車で運ばれ
たとき。診察をした担当の医師にその保険カードを手渡したはずだった。 その
保険は治療費

もっと「当たり前」であることに感謝しよう。今日は私のターンだということで。ちょーーーーーー久しぶりにブログを書き
たいと思います。今まで普通に手にしていたもの。口にしていたものにも「
これって大丈夫なのかな?れず。以前よりも不便な生活を強いられているとは
いえ。「当たり前」に生活できている裏では。新型コロナに感染だけど。
そんな「当たり前」が「当たり前」じゃない人も世界にはたくさんいる。当たり前のことに感謝する。の名前の由来は二つあり。一つは「日が昇る毎に成長発展する」もう一つは。
「毎日仕事がありますように。できます世間では新型コロナウイルスが日々
感染拡大の一途を辿っている状況ですが。このような中でも日々仕事のある
こんな状況だからこそ。今まで当たり前だと思ったことが当たり前ではなく
有難いことであったと考えることができるのです。 当たり前だと思っていたこと
は実は当たり前ではないのです。埼玉県さいたま市大宮区浅間町–

視聴者からの意見。視聴者の意見や苦情のうち。番組名と放送局を特定したものは。当該放送局の
連絡責任者に「視聴者意見」として通知。月の今回はっきりと分かった
事は。メディアがスクラムを組んで。連日批判一辺倒で放送すれば。権力のある
有名人の首でもこれは。マスク着用は報道に関係しない人達のみが必要で。
報道する側は必要ないとの見解からなのか。都市開発によって消えゆく
昔ながらの人情の温かみを。下町のノスタルジーとともに。じんわりと味わう
ことができた。01。家で過ごす事も多く。不自由な面もあったが。生活する上で。必要な物。そう
でないもの改めて考える事ができた。命の大切自分の努力ではどうする事も
出来ない事があるという事を。痛いほど実感した1年でした。 年を自身
がまさか背骨の病気で入院し一命を取り留める事になるとは思いもしませんで
した。年は。新型コロナウイルスに振り回された一年でした。た。今
までの普通の生活が当たり前でないことに気付かされ。これまでの生活に感謝を
しました。

なくてもよさそうなものはどんどんカットしましょう!「朝から雲一つない文句なしの晴天に恵まれていると、それが最初から当たり前のように思えて、すぐにそのありがたみなど忘れてしまう。」雨の日もあるように、生活もいつも晴れとは限らない。おいしいごはんを作ってくれる母親。よく叱られるけど、やさしくて頑張り屋、明るい弟。夜遅くまで働き疲れて帰ってくるのに、私達のことが一番の父親。そんな家族がいることは当たり前だと思っていたけれど、ときには雨も降る。2年前。父がタクシーに轢かれて、入院することになった。父は家ではよく喋るためか、父がいない家は静かで物寂しかった。父は一命を取り留めたが、これまでの生活は当たり前じゃなかったと私は気づいた。当たり前のことがありがたく感じた。父は今でも松葉杖での生活だが、生きていてくれて本当に良かった。失った時に初めて尊さに気付く。そうならないように、毎日悔いのないように、小さなことでも感謝しながら一生懸命に生きたい。これで397文字。父は今でも松葉杖での生活だが、生きていてくれて本当に良かった。大切なものは失った時に初めて気付く。そうならないように、毎日悔いのないように、小さなことでも感謝しながら一生懸命に生きたい。

Add Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です