維津美の広場 今国交省の施工パッケージでは標準単価に比率。施工パッケージは、そうした歩掛りを省き、積算の効率化を図ったものですので、知る術はありません。教えてください
土木工事の官積算についてです
ある工種(ここでは土工事とします )の労務費を形成する人工を算出をどのようにするのでしょうか 今国交省の施工パッケージでは標準単価に比率を掛け合わせて算出することになっており、単位量当たりの金額は算出できます
ただ、それを構築する労務費はその工種の比率から導かれる合計金額しか算出できません
知りたいのは土工事に普通作業員、特殊作業員、機械等が該当する作業員が何人、何日必要なのかといった点です 工種によっては必要な作業員の種別が赤本に書かれていないものもあり困っています

よろしければ教えてください 国土交通省土木工事積算基準等の改定について。維持修繕工事等の標準歩掛等の新設?見直し 土木工事標準歩掛は。土木請負工事
費の積算に用いる標準的な施工条件における単位施工量当り若しくは日当りの
労務工数。材料数量。機械運転時間等の所要量歩掛について工種ごとに
維持修繕以外では。「中層混合処理工」の歩掛を新設するなど。全体で37工種
の改定を実施します。点在範囲については。別箇所として扱い。箇所毎に間接
工事費共通仮設費。現場管理費の算出する」こととしていました。

維津美の広場。複数の同じ歩掛でそれぞれ異なる補正の掛け方を教えて下さい。 設計歩掛を諸
その他原価の金額を小数点以下まで算出することはできますか。国土交通省の
電子成果品作成費を「概略?予備?詳細設計」に統一することは可能でしょうか
?一度読み込んだマスタは次回以降も有効になりますでしょうか。現地測量
が当りではなく式当りで内訳に表示されてしまい。作業面積が入力
できません。令和年度 地質調査業務関係器具損料及び地質調査業務関係施工
単価に対応標準。実際原価とは異なり。材料の標準使用量や標準価格。従業員の標準人件費など
から算定できます。施工パッケージ型積算基準の見方土工編 土工編の構成
; 施工パッケージ化に伴い廃止される歩掛; 基準書の構成; 適用範囲について; 施工
概要について; 施工パッケージ「掘削」答えは。直接材料費差異を価格差異と
数量差異に分析するときに。先に数量差異から計算することです。標準単価に
標準消費量製品個あたりに無駄なく材料を使った場合の材料消費数量を掛けて
計算

施工パッケージは、そうした歩掛りを省き、積算の効率化を図ったものですので、知る術はありません。 ただし、過去の赤本にはパッケージ化される前の歩掛りがのっている工種もあるので、それらを参考とすることができます。

Add Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です