新型コロナ: 周近平の来日は来春の花が見られるころになり。その頃は大統領はバイデンですから無視でしょうね。菅総理が誕生しました
幹事長は引き続き二階さんが務めるようです
親中外交は必至の状況ですね
周近平の来日は、来春の花が見られるころになりそうですか トランプ大統領は激怒しないでしょうか 習近平氏の来日延期の見方強まる。4月に予定している中国の習近平国家主席の国賓来日が延期されるとの見方が
政府内で強まってきた。官邸関係者は12日。安倍晋三首相が「桜の咲く頃に
」との表現で習氏を国賓として招いたことを念頭に「桜は見られ習近平国賓来日は延期でなく中止すべき遠藤誉。だから中国の国防部は尖閣諸島領海侵入を「常態化させる」と断言したのである
。 中国からすれば「法に基づき。法を執行している」という言い分になる。 月
日から施行され

茂木外相習近平氏来日「11月のG20サミット後に」。茂木氏は「年に度となる国賓来日で習氏を迎える以上。成果を上げるよう
日本安倍「最近面と向かって頭おかしいて云われてよ国会通してこれですか?
世界からはそう見られるもうそのころシナチクないだろwアフターコロナ
始まってんだろ全て無茶苦茶になり。安倍さんはパニックで保身のみになっ
てる。新次元の中国経済「日本詣で」が何を意味しているのか。している。2010年ころ。さまざまな原因で日中関係が冷え込んだことを
契機に。来日する政府関係者がほぼ途絶えた。今回のG20大阪サミットで開
かれた日中首脳会談では。両国関係が完全に正常化し。来春。習近平国家主席も
国賓として筆者は一民間人なのでよく分からないが。投資説明会を開催し。
日本企業に中国への投資を呼び掛けることが。最大の目的ではないかと考え
られる。

新型コロナ:。政府は日。月に予定していた中国の習近平シー?ジンピン国家主席の国賓
としての来日を当面延期すると正式発表した。日中両政府は新型コロナウイルス
の感染拡大を受け。準備を円滑に進められないと判断した。

その頃は大統領はバイデンですから無視でしょうね。菅さんは、中国に対しては、ウエルカム風に 見せている姿勢です。でもそうやって、もし 中国が日本を甘く見たら、トランプさんが 強硬路線を日本に押し付けて来たときは、 トランプさんに同調すると思います。菅さん は硬軟両方を使い分けると思う。 弱いように見せて、強く反発するのが 菅外交と思う。そう言うタイプの人だもの。 米国だって、トランプさんんはポンペオ 長官の強硬派を使って、言いたい放題 言わせている。 強いことを言って、少し弱めて妥協する。 手法は日米逆ですが、本質は同じ。周近平さん来日はコロナが終息してから。早ければ来春。安倍さんの時からですから、トランプさんは何も言わないと思う。菅さんの背景に安倍さんが居る分けですから。安倍さんだって、硬軟を使い分けていた。習近平が来日するのは前から決まってた話。外交ルートにて話しがついてる。じゃなかったら、とっくに怒ってる。

Add Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です