手軽に安心 皆さんのお国で無農薬野菜加工食品ではなく野菜。無農薬野菜は化学肥料を使っても無農薬野菜を謳えますが、肥料も有機肥料を使ってはじめてオーガニックはオーガニックと呼べるようです。海外にお住まいの皆様に伺います

皆さんのお国で、無農薬野菜(加工食品ではなく野菜そのもの)って、その辺のスーパーとか身近なお店で手軽に手に入りますか それとも、ちょっと遠出したり専門の販売店まで行くとか、ネットでないと手に入らない感じですか

また、お値段は通常のお野菜と比べてどの位、お高いでしょうか そのやま物語。森のかぞくの由来 園山家の物語『森の家族』 そのやま農園の直営レストラン『森
のかぞく』は。農園を始めた園山国光の農園食堂 森のかぞく』名山レトロフト
店は子鹿ですが。姶良店では若々しく成長しています。そして。有機農業。無
農薬野菜作りの技術の完成を確かめるために開いたのが。湧水農場です。野菜
そのものだけでなく。新しい野菜の形として加工品作りにも取り組んでいます。
有機野菜が手軽に手に入る時代に友人から「有機野菜ってどこで買えるの?

手軽に安心。食品においての“オーガニック”といえば。生の野菜などを想像する人が多いこと
かと思います。オーガニックの野菜が手軽に摂取できる加工食品は。どのよう
に開発されているのでしょうか。農薬や化学肥料を使って作ったものではなく
。太陽や水。その土地にいる微生物など自然の恵みによって育った
オーガニック野菜そのものをお店で購入する機会はあっても。加工食品になる
までの工程を見る機会はなかなかありません。野菜と果物 の違いってなに?全国のスーパー60店舗を実態調査。しかし。私たちに身近なスーパーの現場では。実際どれくらいオーガニックの
野菜やお米が販売されているでしょうか?そのうち店舗が品目以上の
オーガニック野菜を販売しており。他のスーパーに比べて店舗ごとの差が
オーガニックコーナーがあるお店は品揃えが豊富で。消費者が身近に
オーガニックの野菜?果物を買うために各店舗のオーガニックコーナーには。
説明のも設置されていますが。全ての店員が理解しているわけではないよう
でした。

第1回「オーガニック食材って何が良いの。なんの迷いも無く。スーパーやレストランで買い物や食事が出来ている方は
少ないのではないでしょうか?日本でも当たり前の食材でさえ。アメリカの
ものは形も歯ざわりも大きく異なります。その身体を作っているのが日々の食
生活。第回のテーマは。食品購入時に誰もが一度はとまどう「オーガニック
食材」について。使用していない無農薬ファームなどが。採れた
ての野菜を販売していますな青果のみを扱うお店もありますオーガニック。します。 *法律で定められている場合を除き「オーガニック」という用語を
優先的に使用していますが。意味は「有機」と同じです。農薬や化学肥料に
頼らず。太陽?水?土地?そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や
加工方法をさします。 オーガニックがしかし残念ながら。食品の安全性という
のは。オーガニックの目的ではなく結果に過ぎないのです。 オーガニック畑が
なくても。プランターで作れる野菜もたくさんありますトマトは比較的カンタン
です。

無農薬野菜は化学肥料を使っても無農薬野菜を謳えますが、肥料も有機肥料を使ってはじめてオーガニックはオーガニックと呼べるようです。アメリカのスーパーですが、どこでもオーガニックとそうでない野菜?果物がそれぞれそろっています。野菜によって農薬残留濃度が高いもの、低いものがあるので、農薬残留が高いものはオーガニックを選んで、低いものは、野菜の鮮度を見てオーガニックかそうでないかを選んでいます。野菜によって、オーガニックとそうでないものの値段がほとんど変わらないものと、大いに変わるものがあると思います。ピーマンなんかは、そうでないものが1個1ドル以下で買えるのに、オーガニックは2ドル以上するんですよね…1個の大きさは大きいんですけど…。アメリカではピーマンは農薬残留が高いと聞いているのでオーガニックがほしい…だから今年は食べた時の種から育てちゃいました。今は、必要なときに畑に取りに行っています。オーガニックは手に入りやすいですが…野菜全般、頻繁に、え?この質のものを売ってるの?ということがあります…。日本のスーパーだとお目にかかれないような質の…、果物ですが、全然赤くなってない恐ろしくいびつで傷めつけられたリンゴとか、しわっしわのキュウリとか、ブヨブヨなトマトとか…。安定した品質のお手頃価格のオーガニックトマトがなかなか手に入れられなかったので、これも畑で作っています。初心者ですが思ったより収穫できました。苗からよりも難しいのでお勧めはできませんが、食べた時の種から収穫できると本当に感動します。海外には住んでいませんが??量やお値段だけじゃなく、生産基準にも違いがあるんですよ。日本のオーガニックである有機JASの基準では、肥料や堆肥の原料は、有機であればなんでもよいことになっています。そうするとどういうことになるかというと、?農薬を使って栽培した植物を原料にできる。?抗生物質を使って育てた家畜の糞を原料にできる。?その家畜が食べているのは、除草剤に耐性を持った遺伝子組み換え作物。こんなオーガニックはおそらく日本だけだろうと思います。私自身は、それほど厳格でもない、ほどほどにオーガニックな家庭菜園をしています。野菜そのものから果物、加工食品に至るまでオーガニックのものは近所のスーパーで簡単に手に入ります。オーガニック専門店でなくても大体の店では特に野菜等置いてあります。またオーガニック専門のスーパーやレストラン等も遠出しなくても結構あります。と言ってもアメリカは買い物は大体車で、歩いて行ける距離にはない事が多いですが値段は一つ一つを見れば、それほど高くはないと思います。例えばセロリの束。オーガニックでないものが99¢くらいで買えるとすれば、オーガニックのものは$1.90くらい。色々な種類のレタスが入って大きなパックに入っているもの、オーガニックでないものは$4くらいで、オーガニックのものは$6くらい。どちらも夫婦二人で1週間はもちます。野菜は大体全てオーガニックのもとそうでないものがあります。毎日の様に食べる野菜や果物、牛乳や玉子などはオーガニックのものを買う様にしています。南オーストラリア州では、大手スーパーマーケットにも売っているし、市場には専門の八百屋もあります。いろんな街で土曜に市が開かれますが、そこでも一軒くらいは出店してますね。スーパーの値段は知りませんが、セントラルマーケットの八百屋は1.5倍くらい、土曜市は倍ほどの店から殆ど同じくらいで売っている店までいろいろです。1.2倍?2倍ぐらいだと思います。傷んでるのが多いのであんまり買わないんですけど。無農薬だからカビてても良いカビみたいな考えについていけない。フランス普通に隣り合わせにある店もたくさんあります。価格が違うだけ。Costcoもオーガニック沢山置いてあります。。最近は一般のグロ-サリーストアでもOrganicセクションがあり買うことができます。もちろん店によってセレクションは変わります。Wholefoodsとかではいつでも売っています。価格は15-30%増しって感じ。

Add Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です