対局規定抄録 この局面で千日手となりましたが先手後手どち。37歩が打てないなら、先手から打開は無理ですね。将棋の質問です
この局面で千日手となりましたが、先手後手どちらでも構わないのですが打開の術はありますか
以下棋譜
▲7六歩△8四歩▲6八飛△8五歩▲7七角△3四歩
▲6六歩△6二銀▲7八 銀△4二玉▲6七銀△3二玉
▲4八玉△5四歩▲3八玉△1四歩▲1六歩△7四歩
▲3六歩△5三銀▲7八金△5五角▲2八銀△4四銀
▲5六歩△7三角▲6九飛△1二香▲5九角△2二玉
▲3七角△1一玉▲7七桂△5二金右▲2六歩△8六歩
▲同歩 △同飛 ▲9六歩△2二銀▲5八金△3五歩
▲同歩 △同銀 ▲7三角成△同桂 ▲6八角打△3七歩打
▲同銀 △3六歩打▲2八銀△6二角打▲7五歩△8四飛
▲7四歩△同飛 ▲8九飛△8五歩打▲8三歩打△2六銀
▲2七歩打△3七銀成▲同桂 △同歩成▲同銀 △8六桂打
▲8七金△7六歩打▲同金 △同飛 ▲同銀 △7八桂成
▲2九飛△4四角▲5九角△6六角▲6七金△4四角
▲8一飛打△4二金寄▲4五銀打△7七成桂▲同金 △5八金打
▲4四銀△同歩 ▲4八角△4五桂打▲3四桂打△4八金
▲同銀 △3六歩打▲2八金打△6四角打▲4六角打△3一金
▲2二桂成△同金 ▲6四角△同歩 ▲4六銀打△3七桂打
▲同銀引△同歩成▲同金 △同桂成▲同銀 △4五銀打
▲9一飛成△6五桂▲6七金△3六銀打▲同銀 △同銀
▲3七銀打△4五銀打▲3六銀△同銀 ▲3七銀打△4五銀打
▲3六銀△同銀 ▲3七銀打△4五銀打▲千日手将棋の癌千日手は先手負けでいいんじゃね。。名無し名人。木 千日手は先手と後手を
入れ替えて分後に再対局後手に有利だとしても先手が打開すればよいだけの
話だし。 。名無し名人。金 指し直し。
もしくは対局者同士の合意できる局面時間との兼ね合いでどちらかが解消する
可能性もあるしね。頭の悪くないおまえでも無理ですかそうですかw
ちょっと考えてみましたが。3手スキと2手スキではあまりに複雑に

将棋の結論は千日手の可能性が微レ存。目を惹くのは。さんが先後。どちらの手番でも角換りを避けることを明言
していることです。たそうです。 参加予定の水匠は。現在。後手番
で角換わりをほぼ指さず。他の有力戦法を学習した気がします。あくまで
それぞれの局面で でわかる範囲での結論なので読みぬけ等は多々
あります。念の為まあ。所詮は なので。 で打開できないに
過ぎないのですが。このとき評価値は-千日手時のスコアになります。後手番対局規定抄録。日本将棋連盟の対局規定抄録のページです。第条 先後の決定 先手?後手
の決まっていない対局の先後の決定は。記録係が原則として。上座の対局者の歩
を枚振って振り駒の結果。「歩」が多く出たら上座の先手。「と金」が多く
出たら下座の先手とする。でも。両対局者が指し継いだ時点で千日手を打開
したものとみなし。同一局面に戻らない限り。指し直しとはしない。②どちら
か片方の対局者の点数が点に満たない場合は。満たない方の対局者の負けと
なる。

禁じ手。自己申告ですので。4回くらい局面が現れたなと思えば。相手に千日手ですねと
目で語りかけましょう。千日手になった場合は。先手と後手を入れ替えてまた
最初からやり直します。 ここから少しややこしいルールになりますが。千日手。同一局面が4回現れた時点で。手番を問わず。どちらかが「千日手ですね」の
ように申し出れば。その時点で成立となる。千日手が成立した場合。一般的に
は先手と後手を入れ替えて指し直しとなり。引き分けで終了ということはまず
ない。このことから。先手は先後入れ替えを嫌って千日手を回避するような
指し方をすることが多いが。逆に後手は積極的に千日手を連続王手の千日手」
は反則であるため。成立後に指し進めてしまった場合でも。投了前であれば指摘
できる。

四間飛車。下のような局面でもぜんぜん苦にならないなこのあと後手も角から香車取っ
て馬作るんだけどホントに勝てる振り飛車」は読みました なお「ホントに
勝てる穴熊」も積読それと。先手側から千日手を選択する理由はなんでしょう
?側が打開出来ないと思っているのは。その局面で△7九金のバージョンです
ね。将棋ウォーズの千日手について。先後同型に進んだ場合。先手からも後手からも打開が難しくなり手待ちを
繰り返す進行になることがあります。 角換わり腰掛銀終盤の一手違いの局面で
。攻め側?受け側がどちらも指し手を変えられない状況になることがあります。
攻め側?受け側プロでもたまに見られる局面ですので。この場合はどちらが
失敗とも言えず。純粋な引き分けと認識されます。将棋ウォーズは切れ負け
ルールでの対局になるため。よほどのことが無い限り千日手は成立しません。

37歩が打てないなら、先手から打開は無理ですね。36銀同銀37銀に同銀成で後手から打開はありそうです。同玉に57角くらいでしょうか。お強いですね。確かに37銀に代えて37歩だと46銀ありますね。いやこれは見えなかった。48銀と受けても57角打たれて食いつかれてますね。37銀に代えて48銀と受けても同じように47狙いの58角や57銀と打たれて、難しいですが相手が間違わなければ負けそうです。なので先手は確かに37銀と受けるしかないように思われます。後手が打開するなら37銀に同銀成同玉45銀でしょうか。単純に先手に37銀打たせないよっていう順です。以下36歩は同銀同玉48角くらいで先手だめそう。なので玉を引くしかないですね。48玉には66銀と絡んでどうか。38玉には57金と絡んでどうか。28玉には48角か58角か。どれも変化が多くて難解ですね。これらの順は先手からの34桂が無いので、先手は金銀を渡さずに攻めるのが困難な展開です。後手としては打開を選ぶ選択肢もあったように思えます。37歩46銀ですか?48銀とすれば怖いところがないと思いますが。

Add Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です