夜に駆ける さよならだけだったその一言で全てが分かった。日が沈み出した空と君の姿フェンス越しに重なってた。さよならだけだったその一言で全てが分かった 森内寛樹。さよなら」だけだったその一言で全てが分かった日が沈み出した空と君の姿
フェンス越しに重なっていた 初めて会った日から僕の心の全てを奪ったどこか
儚い空気を纏う君は寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと夜に駆ける。沈むように溶けてゆくように二人だけの空が廣がる夜に 「さよなら」だけだった
その一言で全てが分かった日が沈み出した空と君の姿フェンス越しに重なってい
た 初めて會った日から僕の心の全てを奪ったどこかはかない空氣を纏う君は夜。目 メロ前半パート 「さよならだけ だった その一言で全てが
わかった 日が沈み出した空と君の 姿 フェンス越しに 重なった

夜に駆ける。夜に駆ける歌詞 – – 沈むように溶けてゆくように二人だけの空が広がる
夜に「さよなら」だけだったその一言で全てが分かった日が沈み出した空と君の
姿フェンス越しに重なっていた初めて会った日から僕の心の全てを奪ったどこか夜に駆ける。作詞。 作曲。 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜
に 「さよなら」だけだったその一言で全てが分かった日が沈み出した空と君の姿
フェンス越しに重なっていた 初めて会った日から僕の心の全て

日が沈み出した空と君の姿フェンス越しに重なってた

Add Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です