すぐるゼミ 5gのアルミニウムと反応する硫酸は何gか。1反応式より、水素:酸素=2:1で反応するとわかるので、1molの水素と反応する酸素は0。急ぎでお願いします
化学の量的関係について
また途中式を合わせてお願いします ♂?
2H2+O2→2H2O
(1)1 0molの水素は何molの酸素と反応するのか また水は何mol生じるか
(2)水が1 8g得られた時、反応した酸 素の質量は何gか (H2O=18 O2=32)
(3)標準状態(0°c 1013hPa)で22 4Lの水素と反応する酸素の体積は何Lか

2Al+3H2SO4→Al2(SO4)3+3H2について
(1)13 5gのアルミニウムと反応する硫酸は何gか
(Al=27 H2SO4=98)すぐるゼミ。ぴったり反応式」を書く 何1 アルミニウム5.4gを。同じこさでいろいろ
な体積の塩酸にとかしたとき。発生する気体の体積を調べると。右の13.
5gのアルミニウムをちょうどとかすために必要な塩酸は何 ですか。実験1>
で。図1から考えて。塩酸60 にとけることができるあえんの重さは何gです
か。

解答がありません。が反応する と, 硫酸アルミニウム 。 と水素 が+』 っ
』 ?+ュ のアルミニウムが反応してできる硫酸アルミニウムは何
か。 のその硫酸アルミニウゥムは何 か。アル。アルミニウムと反応し着色した錯化合 アルミニウムおよびその色は皮膜強度
が高く耐摩耗性が高い上,着色 類により生成する皮膜の性質も異なるし。着 の想
光性もかなり良好で ビロード状」 硫化かり 赤カッ色 アリザリン 硫酸
バナジ 真クロム酸カリ ~° / / 分 黄金色。
硫化カリ化学基礎。質量の単位である「kg」や。長さの単位の「m」と同様に。化学反応を考える
場合に都合のいい単位があります。アルミニウム27gに含まれる
アルミニウム原子の数は。右図のように計算することができ。炭素の場合と同じ
6.0×1023個となります。 水の場合はこのように。すべての物質はその
原子量?分子量?式量に「g」をつけた質量の中に。アボガドロ数個の粒子が
含まれています。

硫酸電解液の化学分析についてⅠ。硫酸電解液で。アルミと反応していない硫酸を遊離硫酸と言い。アルミと反応し
ている硫酸と この遊離硫酸を合せた④ 溶存アルミを / にするためには。
硫酸アルミ?を何 採取すればよ いかを計算します。3。+ //_{}+ // 十分な量の希硫酸に
のアルミニウムを入れ, 反応させた。 // ① アルミニウムと反応した
硫酸分子量 は何 か; また, それは何か。クァンダ先生に質問する

1反応式より、水素:酸素=2:1で反応するとわかるので、1molの水素と反応する酸素は0.5[mol]。反応式から 反応した水素:生じた水=1:1 なので、生じた水は1[mol]2水1.8gというのは、1.8/18=0.1[mol]なので、1と同じ考え方で、反応する酸素は0.05[mol]。これを質量に換算?32×0.05=1.6[g]3「標準状態で22.4[L]の理想気体であれば1[mol]」なので、水素は1[mol]。あとは1と同じ考え方で、反応する酸素は0.5[mol]。これをLに直す?22.4×0.5=11.2[L]113.5gのアルミニウムは、13.5/27=0.5[mol]。反応式を見ると、Al:硫酸=2:3 で反応することがわかる。反応する硫酸は0.5×3/2=0.75[mol]?硫酸の式量は98なので、0.75×98=73.5[g]2H?+O?→2H?O11.0molの水素H?と反応する酸素O?の物質量1.0×1/2=0.500.50mol生じる水H?Oの物質量1.0mol2水H?Oの物質量1.8/18=0.100.10mol反応した酸素O?の物質量0.10×1/2=0.0500.050mol質量にすると32×0.050=1.6答 1.6g3標準状態で22.4Lの水素H?の物質量1.0mol反応する酸素O?の物質量1.0×1/2=0.500.50mol体積にすると22.4×0.50=11.2答 約11L2Al+3H?SO?→Al?SO??+H?13.5gのアルミニウムAlの物質量13.5/27=0.500.50mol反応する硫酸H?SO?の物質量をxとする2:3=0.50:x2x=1.5x=0.75xは0.75mol質量にすると98×0.75=73.5答 約74gさっき一度回答したのですが間違いまくりでした…。恥ずかしいので直して調べなおしてもう一度投稿します。私なりの解き方です。※式と答えの頭に■を付けています。 もし宿題であれば■の行だけ写せば良い感じにしました。2H?+O?→2H?O1これは比で考えるやつですね。分子1個が1molです。つまり水素分子H?が二つある2H?は2molということですね。2H?+O?→2H?Oの式を比に変えると分かりやすいです。2:1:2です。これにちょこっと付け加えるだけです。■酸素の量をx、水の物質量をyとする。■2:1:2=1.0mol:x:y■2:1:2=1.0mol:0.5mol:1.0mol ■答え 0.5molの酸素と反応し、水1.0molを生じる。2分子1個が1molということは、水H?Oが18gで1molということですね。H?Oが1.8gならmolも10で割れば良いです。1mol÷10=0.1molですね。2H?+O?→2H?Oの式の比は2:1:2です。これに当てはめます。■0.1mol:0.05mol:0.1molです。酸素の物質量は0.05molですね。これに原子量をかけて単位をgに直します。■0.05×32=1.6■答え 1.6g322.4L=1molです。つまり、1molの水素に反応する酸素の量をmolで出して、それに22.4をかければいい訳です。水に含まれる水素と酸素の比は 2:1 でしたね。■酸素をxとする。■2:1=1mol:xmol■2:1=1mol:0.5mol ここまで1と同じですね。酸素の量が分かったので22.4をかけて単位をLに直します。■0.5×22.4=11.4■答え 11.4L2Al+3H2SO4→Al2SO43+3H21これはmolに直した後gに戻す奴ですね。アルミニウム13.5gを原子量で割って物質量molにします。■13.5g÷27=0.5mol2Al+3H?SO?の式を比に変えます。2:3ですね。これに0.5molをかけます。■20.5mol:30.5mol■0.5mol:0.75mol硫酸の物質量が分かりました。これに式量98をかけて単位をgにします。■0.75mol×98=73.5g■答え 73.5g自己流なので分かりにくいかも知れないです…。でも他の人の回答が既に付いているので大丈夫ですね宿題…?なら間に合うと良いですね!

Add Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です