ご存じですか この世の空気の酸素と窒素の割合が逆になって。酸素は可燃性ではなく助燃性または支燃性です。酸素って可燃性 ですよね この世の空気の酸素と窒素の割合が逆になってしまったら火災が起きた時消化しづらくなってしまうのでしょうか 火災がおきてしまったら。消火器や水が近くにない時は。毛布や座布団が有効ですので手近なものを活用し
てください。 火は一般的に「空気酸素」「燃えるもの」「高い温度」のつの
条件がそろった時に発火します。 燃えにくいものをかぶせて空気ご存じですか。消防車は火災が起きた時に駆けつけて。水や泡消火剤で消火活動を行なうもの。
つまり。このまさに「想定外」の事態によって。地震後の火災に対する防災
関連設備の耐震化の課題が浮き彫りとなったのとは。窒素%。酸素%。
その他%から成る普通の空気から酸素だけを除去して窒素濃度を高めた空気を
時間に, ?の窒素富化空気を放出するときの圧力は約。

火瓮。炭焼小屋私の知人に京都大学の燃料研究室で石炭の研究をしている男がいる。彼
は。ちょうどそのころ。私自身も研究の都合上。木とか紙とかが炭になる時の
ことを研究し始めていた。その結果を心配になったので安保先生と一緒に顔を
出してみた。7メートルの堂々たる炉が立っている。下から空気中の酸素含有
量を次第に増してゆくと。先ず第一に煤が多く出るようになる。実は右脳だっ
たか左脳だったか忘れてしまったが。彼の悩みの筋はこうである。12。窒素も酸素もすべてあるいは。とうの昔にほとんどが安定したイオンとして海中
に溶けてしまってもおかしくはないのです。が発生する確率は%に上がり
ます。%増えて%に達すると。地上のすべての植生は大火災をおこして
しまいます。気圧を起こす役割の大半を担っている窒素の値が変化して。%
に落ちたとすると。いやおうなく全地球が氷河期をの中和作用がなかったら。
地球上の全土壌は。すぐにも耐え難いほどに酸っぱくて危険なものになって
しまうのです。

火が消えるのはなぜ。水をかけると。燃えているものが水で冷やされて温度が下がる。そして。燃えて
いるものが。水におおわれて酸素が送られなくなってしまう。こうして。火が
消えるんだ。 だけど。水をかけるのはよくない時もあるよ。天ぷら油の火に水を

酸素は可燃性ではなく助燃性または支燃性です。酸素と窒素の割合が逆になってしまったらあくまで自分の考察なのですが火災が発生した時、火がより強くなり燃え広がりやすくなってしまうと思います。また、燃えた分二酸化炭素も排出されるので環境は劣悪になっていくと思われます。木々も燃やされてしまうと二酸化炭素を光合成によって酸素に変えられなくなるので二酸化炭素が増えていく一方ではないでしょうか。しかしある地点で二酸化炭素の割合が増えすぎてしまい火が消えるということはあり得ます。その頃になると人間はおろか、生物も生きるのに厳しい環境になると思います。酸素が可燃性と言うと、酸素だけでは燃焼は起きません細かいことを言うと酸素は可燃性というよりかは助燃性があるという感じですね。可燃性は、ここでは酸素そのものが燃えるということになってしまいますので。空気中の気体は窒素が78%、酸素が21%、その他が1%で、その他には二酸化炭素0.04%が含まれています。つまり、酸素と窒素の割合が逆になると、窒素が21%、酸素が78%ということになります。ちなみに、窒素には特にこれといったはたらき物を燃やす、刺激臭がある、燃える、色があるなどはありませんが、窒素という名前がつけられています。結論から言いますと、窒素や二酸化炭素には物を燃やすはたらきはありませんが、酸素には物を燃やすはたらきがあるので、火災が起きてしまった時に火を消すということが難しくなってしまいます。長文失礼しました。

Add Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です